おはぎとぼたもちの違いとは?

今回紹介するのはおはぎについての情報です。
おはぎというと似たような食べ物でぼたもちを思いつきますが、この違いについてもふれていきたいと思います!

□昔ながらのおやつと言えばおはぎ
おはぎはあんこと餅米を利用して簡単に作ることができます!
今では市販されていますが、昔はよくおはぎをつくっていたそうです!
そして一人で2つ食べるのが贅沢な食べ方として知られていました!
いまでは、たくさん食べられるので、2つ食べたところでも食べすぎと言われるだけですがね!
そんなおはぎですが、ぼたもちとの違いはなんでしょう?
恐らく見た目や味に違いはありません。
しかし、違うのはおそらく、発祥の地ではないでしょうか?
作られた場所が違うためにおはぎとぼたもちと分けられるようになったのではないかと考えられます!
ぜひ暇があれば貴方もおはぎを作ってみてはいかがでしょうか?
簡単に作れるし子供に人気の高いお菓子でもありますよ!

おはぎと牡丹餅の違いは何?

おはぎと牡丹餅は基本的に同じようなもので、違うのは食べる時期です。秋の萩の花が咲くお彼岸に食べるのが前者で、春の牡丹の花が咲くお彼岸に食べるのが後者です。漢字に萩、牡丹が使ってあるのは、秋と春の彼岸の時期に咲く花に小豆の粒を見立てた食べ物だからです。よって秋に食べるのはおはぎ、春に食べるのは牡丹餅と本来は使い分けをしなければいけないのですが、今は一年中店頭に出ていることが多いですね。ただ2つを区別している販売店もあります。きなこをまぶしたものやこしあんをつけたもの、小ぶりで長めの形のもの、お米につぶつぶが残っているものを前者として、粒あんをつけたもの、丸くて形が大きいもの、お米が餅状態のものを後者として販売している店もあります。小豆がこしあんと粒あんに分けられるのには理由があります。秋のお彼岸に食べるおはぎは秋のお菓子で、昨年度に収穫された小豆を使ってつくります。昨年度に収穫されたものなので小豆の皮が固く、皮をとってこしあんにしてつくられます。それに対して牡丹餅は春のお菓子で、秋に収穫されたばかりの小豆を使ってつくるので、皮が柔らかく粒のままで使われます。お彼岸に食べる風習は江戸時代頃から始まったと言われています。小豆の赤色には災難が降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、お彼岸や四十九日の忌明けに食べるという風習が定着し、先祖の供養と結びついたと言われています。

注目サイト

ポーターの買取なら

北欧やナチュラルなど、さまざまな郵便ポストを取り扱っています

郵便ポスト 通販

Last update:2017/11/30